三島小学校は、岡崎市の中央部、小高い丘の上に位置します。四季の自然が子供たちを包み、豊かな学習活動の場となっています。校内の豊かな自然環境を紹介します。

令和4年度のトピックス

◆彼岸花が咲き始めました。(2022.9.26)

◆ネムノキの実がたくさんなっていました。(2022.8.31)

◆お盆明けのアオノリュウゼツランは、花期を終えて少し寂しそうです。

 根元には、果実らしきものが落ちていました。(2022.8.18)

◆ついにすべての花房で花が開きました。(2022.8.12)

◆20ほどあるアオノリュウゼツランの花房も、残すところあと5,6です。(2022.8.9)

 

◆アオノリュウゼツランの花房が、半分の10ぐらい開花しました。(2022.8.8)

◆アオノリュウゼツランの花が、上へ上へと咲き昇っています。(2022.8.4)

◆恐竜時代の生き残り、ソテツの雄花が堂々と咲いていました。

 ソテツの花も10年に1度ぐらいしか開花しない珍しい花だそうです。(2022.8.3)

◆ついにアオノリュウゼツランの花が咲き始めました。(2022.8.1)

 

◆何がいるか分かりますか?

 アブラゼミやミンミンゼミにまじって小さく鳴いてるニイニイゼミです。(2022.7.28)

◆自然の造形美?

 大雨の後に排水溝にたまった落ち葉や木くずです。(2022.7.27)

◆1年生昇降口横のカイヅカイブキの中にスズメバチの巣ができつつありました。(2022.7.27)

◆バックネットの近くでヤマトタマムシを発見。(2022.7.25)

◆サルスベリが華やかに花を咲かせ始めていました。(2022.7.25)

◆校内のいろいろなところに、いろいろなキノコが生えていました。

 名前は…。気になったら調べてみてください。(2022.7.20)

◆アオノリュウゼツランのつぼみがずいぶん膨らんできました。(2022.7.14)

◆季節外れのモクレンの花が咲いていました。(2022.7.12)

◆アオノリュウゼツランの開花が近づいてきたのでしょうか。

 つぼみ?がずいぶん広がってきました。(2022.7.6)

◆アオノリュウゼツランの花が梅雨明けとともに、一段と成長しました。(2022.6.28)

◆アオノリュウゼツランの花茎がさらに伸びて、4mくらいになったでしょうか。

 つぼみらしきものもずいぶん大きくなってきました。

 開花がとても楽しみです。これからも随時紹介していきます。(2022.6.24)

◆いつの間にかニュートンのリンゴの実が大きくなっていました。(2022.6.22)

◆一年生広場でネムノキガが、ひっそりと可憐な花を咲かせています。(2022.6.16)

◆数十年の生涯の最後に一度だけ花を咲かせるアオノリュウゼツラン。

 中庭のアオノリュウゼツランが、花茎をのばしています。(2022.6.8)

◆新緑に交じって華やかなオレンジ色が映えているのはザクロの花。(2022.6.3)

◆みどりが池で久しぶりにカワセミの姿が見られました。

 くわえているのはザリガニでしょうか。(2022.5.26)

◆ケヤキの樹の下、モッコクの花が満開です。(2022.5.25)

◆3~6年生の昇降口前の軒下に、今年もツバメの巣ができています。

 大きな口を開けた、かわいいツバメの顔がのぞいていました。(2022.5.16)

◆みどりが池の横の樹に作られ始めていたスズメバチの巣(2022.5.10)

 ※さっそく駆除してもらいました。

◆卒業アルバムの舞台にもなる希望が丘のツツジ(2022.4.28)

◆小さなかわいい花が見ごろを迎えたニセアカシア(ハリエンジュ)の樹(2022.4.28)

◆華々しく咲く花たちに交じって、ひっそりと咲いていたマツの花(雌花)(2022.4.23)

◆久しぶりにみどりが池に戻ってきたカモ(2022.4.22)

◆グランド奥のバックネット裏を彩るフジの花(2022.4.19)

◆万有引力の法則の発見につながる今満開の花はニュートンのリンゴ(2022.4.19)

◆みどりが池近くで、ひっそりと花を咲かせるハナイカダ(2022.4.19)

◆ケヤキの樹の根元、燃えるように咲いているのがキリシマツツジ(2022.4.18)

◆正門入った正面に見ごろをむかえているハナミズキ(2022.4.14)