1 本校の教育目標  

 校訓「誠 -正しく強く明るく-」のもと 徳・知・体の調和がとれた子どもの育成を図る。

 2 めざす子ども像  

(1)「徳」 思いやりがあり、人に優しく接することができる子。

       物事の善悪が判断でき、適切に行動することができる子。

       互いの違いを理解し合って、共に高め合う子。

(2)「知」 基礎的な知識や技能を身につける子。

       好奇心旺盛で、自らの問を解決しようとする子。

       思考力・判断力・表現力を伸ばそうとする子。

(3)「体」 自他の命を大切にし、心と体が健康であるように努める子。

       体を動かすことを楽しみ、身体能力を高めようとする子。

 3 本年度の重点努力目標  

 ①「徳」 共に生きる、心豊かな子ども

  ・明るく元気な挨拶と素直な返事、優しい言葉遣いができるようにする。

  ・互いの良さや個性を理解し、行事や日常の活動で協力する場を設定する。

 ②「知」 分かる喜びを実感し、学びを楽しむ子ども

  ・「わからない」「教えて」を言うことができ、一緒に考えたり学び合ったりする、チームでの学びを通して、学習への関心・意欲を高める。

  ・教師は、一人一人の子どもの実態を明確にとらえ、個の困り感を解消するための指導を適切に実施することで、学力の伸長をはかる。

  ・教職員は、子どもが学ぶ楽しさを味わうことができる授業づくり・学校づくりのために、自ら研鑽・行動をする。

 ③「体」 心と体が健やかな子ども

  ・体育科学習や体育的行事、休み時間の外遊び、子どもの自主的な活動などにより、目標に向かって粘り強く取り組み、たくましい体を育む。

 ④多忙化解消のための業務改善の取組

  ・会議は、資料の事前配付と予定時間を明確にして開催する。

  ・年間予定表に月1日の定時退校日を記載し、確実に実施する。

  ・教職員の連絡や打合せは、ICTを活用して行う。