ページの先頭です

ホーム


 旧ホームページは
こちらから

 
 2020年7月31日より

 

20828

 
  愛知県教育委員会道徳教育総合推進サイト「モラルBOX」

 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ お知らせ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

マスクの着用、検温、手洗いうがいなど感染予防に気をつけて、学校生活を送りましょう。

コロナウイルスに負けず、元気に過ごしましょう。

更新情報

 

 

 2月の資源回収は、非常事態宣言下ということで、登校時に持ち寄る方法で行っています。

 今日は初日でしたが、多くの子が新聞やアルミ缶を持参し、協力してくれました。

 やきいもの会のときもそうでしたが、何かを投げかけると、すぐに反応してくれる

 城南っ子は本当に素敵です。 おうちの方も、ご協力ありがとうございます。

 この回収は26日(金)まで行っています。

 初めての試みですが、どのくらいの資源が集まるかとても楽しみです。

 

  

今日は6年生が金原造園の金原さんと一緒に、伐採するハクモクレンと最後のお別れをしました。

城南小学校の美しいハクモクレンを守ろうと1年間木の手当てを行ってきました。3月9日には、新しい7本のハクモクレンを植樹する予定です。満開の並木が見られるよう、今後は新6年生に活動を引き継いでいきます。現在15本ほどの木がつぼみを膨らませています。順調にいけば3月初旬に開花予定です。城南小学校にお越しの際はハクモクレンに優しい声をおかけください。

 

5年生の理科の学習で、命の誕生を学んでいます。

自分の産まれてきた身長や体重に近い、

”赤ちゃん人形”を抱き、命の重さを感じました。

この人形は、身長約50cm、体重約3000gで作られています。

「思ったよりも大きい!」「お母さんは大変なんだな。」

など、様々な感想が聞けました。

命の大切さを改めて実感できたようです。

 雪だるま読書週間が、今週の月曜日から始まりました。休み時間には、たくさんの子が図書室に本を借りにきています。

 一冊本を読むと、かわいいスタンプが押してもらえます。そして、一人一枚配られたスタンプカードをすべて埋めると、図書委員会からしおりがプレゼントされます。雪だるま読書週間をきっかけにして、いろいろな分野の本を読んでくれることを願っています。

 学級代表委員会が、今週一週間を「ほこスマウィーク」と名付け、笑顔と会釈を意識してあいさつをしようと全校に呼びかけています。マスクをしていても、目を合わせてあいさつをすると、気持ちが伝わり自分も相手も嬉しいですね。笑顔であいさつをして、気持ちよく過ごせるようにしていきましょう。

 また、ペットボトルのキャップとプルタブリングの回収が始まりました。初日の今日はたくさんの子が持ってきてくれて、10袋ほどがすぐにいっぱいになりました。ご家庭で集めていただきありがとうございます。明日と明後日も回収しています。まだご家庭にあれば、持ってきていただけると嬉しいです。

 

 今日は、テレビ放送で月曜朝会がありました。

 校長先生から、最近の季節に関すること、自分の特技を活かすことについてのお話がありました。

 最近の季節に関するお話の中で、2月3日が立春だったことや、正門に白梅、紅梅が咲いていることを聞き、春の訪れを感じました。また、書き初め展やリトルアーティスト展の紹介があり、自分の得意とすることを将来に活かしていこうというお話がありました。

 卒業式まで23日。修了式まで26日。次の学年に向けて1年のまとめをしていきましょう。

 

 

 現在、城南小学校で5羽のうさぎを飼育しており、

毎年、3年生がうさぎのお世話を行っています。

この時期になると、3年生から来年度お世話を担当する2年生に、うさぎ当番の引き継ぎを行っています。

 

 2年生は、職員室でうさぎ小屋の鍵を借りることから、エサのやり方や水の替え方、フンの掃除の仕方まで、

3年生に教えてもらいながら、一生懸命に取り組んでいます。

 お世話のしかたを正しく覚えて、城南小のうさぎを大切に育てていってくれることでしょう。

 

 

 

今日は、久しぶりにクラブ活動が行われました。

子どもたち何人かに今日のクラブ活動はどうだったか聞いてみました。読書クラブの子は「毎回、お気に入りのシリーズ本を読んでいる。」と答えてくれました。静かな空間で本の世界に入り込めて幸せだそうです。体力づくりクラブの子は「運動が好き。体を動かすのが楽しい。」と元気いっぱいに返事をしてくれました。それぞれのクラブで充実した時間を過ごすことができたようです。

今年はクラブ活動が少なく、寂しい気もしましたが、限られた時間の中で精一杯楽しみながら活動できている、城南っ子のすてきな姿をたくさん見ることができました。

  1月22日(金)の授業参観に行う予定だった4年生の行事的活動「未来に向かって一人一夢宣言の会」。会の開催はできませんでしたが、一人ひとりが「未来への決意の一文字」を色紙に書く活動については、予定どおりに取り組みました。その色紙には、自分で消しゴムで作った落款を押しました。風格が加わり、自分らしい作品になったように感じます。

 今、苦難の多い時ではありますが、自分にできることを一つ一つせいいっぱいにやり、やがて回復するであろう未来に向かって、たくましく歩んでいってほしいと思います。

 

 本日、1年2組と2年3組で国語の研究授業が行われました。1年生は「スイミー」2年生は「かさこじぞう」の物語の授業でした。スイミーのお面をつけたり、かさこじぞうにかさをかぶせたりして、主人公になりきることで、主人公の行動を読み取り、気持ちを想像することができました。子どもたちは真剣に先生の話を聞いて、たくさん手を挙げて、意欲的に授業に参加する姿が見られました。