令和3年度 岡崎市立福岡中学校 部活動に係る活動方針

1 本校の現状

◆本校における部活動は、教育診断アンケートの結果からわかるように、「部活動に目標をもって、積極的に取り組んでいる」と回答した生徒の割合が高い(88%)ことからも、教育的な意義が大変高い。
◆「部活動は希望者による参加を原則とする。部活動は本人と保護者の同意を得て行う。学校生活の充実のため、特に事由がなければ参加することが望ましい」
 以上のように、本校は部活動の「入部について自由」という形をとっている。
 現状で、各学年数名程度、部活動に入部していない生徒がいる。この生徒は、主に校外でのクラブ活動を行っている生徒である。今後は、クラブ活動を重視し、学校の部活動に入部しない生徒が少しずつ増えていくことが予想される。
◆部活動終了時刻については、本年度見直しを行い、以下のように定めた。
 3月~9月:部活終了時刻は16:40。下校完了は16:55。(夏期)
10月~2月:下校完了時間15分前に終わり、下校完了時間に合わせる。(冬季)

下校完了時刻了
4月~8月中旬 18:00
8月末~9月前半 17:45
9月後半・3月 17:30
10月・2月 17:00
11月・1月 16:45
12月 16:25

2 本校における課題

◆練習試合や校外での活動に出掛ける際の交通費が高額になり、保護者の負担が大きい。(本校は、他校への交通手段が限られているため。)
◆本校は全員顧問制であるが、教員への負担に偏りがみられる。生徒会等を担当する教師や他業務とのバランスによって平等性を維持していくことが課題である。
◆地域からの要請もあり、地域の講師等によるクラブ活動が発足した競技もある。
◆季節的・臨時的な部活動(駅伝部・ロボコン部)の取り扱い。

3 具体的な活動方針

(1)部活動運営について
◆学校は、生徒にとって負担のない適切な部活動運営を組織的に行うため、現状を丁寧に把握し、指導・運営体制を改善・整備していくものとする。
◆校長は、部活動の運営計画等を立案するよう指示し、実態に応じて、見通しのある部活動運営を目指して、リーダーシップを発揮していく。
◆顧問は、子供の安全・安心が確保されることを第一に考え、夏季活動及び練習試合の実施計画、各大会の参加計画を改善・整備していくものとする。
(2)活動量(休養日や活動時間等)について(令和3年度部活動規約より)
ア.平日

◆始業前は活動しない(朝練習なし)
◆少なくとも毎週木曜と、火曜日または水曜日の、合計2日を休養日とする。
◆学級活動終了後、10分後から部活動を開始する。
◆平日は、1週間で4時間以内(月曜2時間、火曜or水曜と金曜は各1時間)を原則とする。
◆全ての部活動において、延長時間は設けない。
◆総体・市長杯・新人戦の各大会1週間前には、部活動強化週間を設定する。
イ.休日(週休日及び祝日)
◆活動時間は3時間程度を原則とする。(練習試合はこの限りではない)
◆土日のうちどちらかを休養日とする。
◆土日ともに大会の場合は、代替え日を設定する
◆欠席連絡は、顧問に直接行う。(学校電話 51-9057)
◆年間を通じて第3日曜(家庭の日)は「休業日」とする。「公式試合」は除く。
ウ.長期休業中
◆練習時間は、休日と同様とする。
◆長期休業中の土日は原則活動しない。

4 その他

(1)保護者及び地域との連携
◆2学期開始前までに、1年生の保護者を対象に部活動懇談会・見学会を行う。
(2)安全の確保と緊急時の対応
◆活動場所の施設・整備・道具については、各部活動で適正に管理をする。
◆熱中症を予防するために、各部活動で給水・休憩の時間を設ける。
(夏季は、一部部活動を複数顧問による管理を行う。)
◆気温やWBGTが一定基準をこえた場合、部活動を停止し下校を促す。
◆事故が発生した場合には、複数で対応し、危険な場合はすぐに救急車を要請する等、適切な対応をするとともに、AED講習等の研修回数を増やす等、指導者の安全管理上の質的向上を図る。