【1暴風警報が発令されたときの登下校について

◎「岡崎市」に暴風警報が発令された場合、下記のようにする。

  1. 始業時刻2時間前までに警報が解除されたときは、平常通り登校する。
  2. 始業時刻2時間前から午前11時までに警報が解除されたとき、授業は警報解除の2時間後に開始する。
  3. 午前11時をすぎても警報解除にならないときには、その日授業を行わないから登校しなくてもよい。
  4. 登校の途中で警報がでたことを知ったときはすぐに帰宅する。
  5. 土曜、日曜、祭日、休暇中に警報がでたときは登校してはいけない。
  6. 2. 3. のとき道路、橋の破壊などで登校が危険なときは登校しなくてもよい。
  7. 家庭や付近の友達に事故があったときは警報解除後なるべく早く学校に通報する。 

 ※大規模地震については、国の判定会議が招集された段階で生徒を下校させる。

 

【2東海地震に関する緊急時の対応について

  1. 東海地震注意情報が発表されたり、警戒宣言が発令(東海地震予知情報が発表)された場合は、授業を行わない。
    (1)在宅時は、登校しない。
    (2)登下校時は原則として帰宅する。(ただし状況によっては学校又は最寄りの避難地に
       避難する。)
    (3)登校後は、学校の指示に従い速やかに下校する。 
  2. 学校の再開は、以下のようにする。ただし、交通機関・通信手段の途絶などにより登校できない場合は、安全が確認できるまで登校しなくてよい。
    (1)東海地震注意情報の解除情報が発表された場合は、翌日から再開する。
    (2)警戒宣言発令以後に「地震災害に関する警戒解除宣言」が発せられた場合は、翌日から
       再開する。
    (3)東海地震等大規模地震が起きた場合は、学校から連絡があるまで待機とする。 
  3. 学校への連絡について
    東海地震等大規模地震発生後は必ず学校へ被災状況等を連絡する。その際は、災害用伝言ダイヤル「171」等を使用する。
     

【3特別警報が発令された場合の対応について

◎「岡崎市」に特別警報が発令された場合、下記のようにする。

  1. 登校前に出された場合は、学校から連絡があるまで自宅待機をする。
  2. 登校後に出された場合は、状況により、学校留め置き、外部の避難場所への移動、保護者への引き渡し等の行動を取る。
  3. 特別警報解除後も、安全に下校させうると判断できるまでは下校しない。
     

◇災害用伝言ダイヤル「171」の録音方法
 171→1→(※※※)※※※-※※※※→録音
 ガイダンス ガイダンス 自宅の電話番号等 ガイダンス

◆災害用伝言ダイヤル「171」の再生方法
 171→2→(※※※)※※※-※※※※→再生
 ガイダンス ガイダンス 自宅の電話番号等 ガイダンス