1 教育目標
 (1)本校の教育目標
 新しい社会や時代を生きる人間としての基盤となる力(生きる力)を養うことをめざす。
 そのために、子供のすぐれた個性を伸ばし、「知・徳・体」の調和のとれた人間形成
 を図るとともに、公共心を養い、友達との協力により学びを深め、主体的に活動して
 いく態度を培う。
 
  <教育目標>      心豊かに、力いっぱいやる子の育成
  <めざす子供>      ・いのちの大切さを知り、健康でたくましい子(体)
             ・創意工夫し、意欲的に学び続ける子    (知)
             ・礼儀正しく、心の通う仲間づくりをする子 (徳)
 
(2)経営方針
 ア 学ぶ楽しさのある学校
    子供が学ぶ意欲をもち、互いに学び合う学校にする。
 イ 個を生かす学校
    一人一人の優れた個性や能力が発揮できる学校にする。
 ウ 仲間づくりが広がる学校
    自他の違いを認め合い、目標に向かって、協力してやり遂げる学校にする。
 エ 郷土に根を張る学校
    子供が郷土への愛情を持ち、家庭・地域と協働し、未来を見据えることのできる学校
    にする。
 オ 夢を育む学校
    国際社会に生きる日本人としての資質や能力を育成する学校にする。
 
(3)本年度の重点努力目標
 ア 子供たちが思ったことや感じたことを、対話活動を通して認め合ったり修正し合ったりし
  ながら、思考を深めていくことができる子供の育成を目指す。
 イ 「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業づくりを行うことで、子供の学びへの意欲や
  関心を高め、「見通しをもつ」「人と関わる」「自らの考えを見直す」ことを意識した実践
  に心がけ、将来にわたって主体的に学び続ける資質や能力の育成を目指す。
  ウ 地域の「ひと・こと・もの」とのつながりを大切にし、それらをもとに国際社会へも視野を広
    め、関心をもって将来を切り開いていく子供の育成を目指す。
  エ 教職員の心身の健康を保持するため、職場の多忙化解消に向けた業務改善を目指す。
   ・長時間労働の是正に向けた在校時間管理の適正化を図る。
   ・行事の精選や適切な校務分掌を編成し、教職員に過剰な負担や一部の教職員に業務が偏ら
    ないよう年間行事や校内組織編成のマネジメントをする。
   ・部活動については、平日2日程度、休日は土・日曜日のいずれかの曜日を休養日とし、
    教員の勤務時間外における負担を軽減する。
   ・学校・保護者・地域との連携強化に努め、行事や学習への支援体制を整える。
 
 
(4)目指す教師像
  ア 子供の目線に立って、一人一人に心から寄り添う教師
  イ 子供の良さを素直に認める優しさの中にも、間違いをしっかりと正す厳しさをもつ教師
  ウ 当たり前のことが当たり前に指導できる教師