(1) 本校の教育目標

校訓

強く明るく素直な子 深く考え進んで学ぶ子

○ 元気な子
・やればできるという強い信念を持ち、
最後までやり遂げる粘り強さとたくましさを持つ子供に育てる。

○ 学ぶ子
・本気になって勉強に取り組み、深く考え工夫をこらす創造性豊かな子供に育てる。

○ 思いやりのある子
・明るく素直で、自分を律することができるとともに、
人の気持ちを思いやり、進んでみんなと協力やあいさつのできる子供に育てる。

○ 働く子
・家庭や学校の一員としての自分の役割に気付き、骨身を惜しまず働き、
責任を果たすために努力する子供に育てる。

 

(2) 経営方針

① 授業を大切にし、 基礎学力の充実と表現力の錬磨を図る。 

② 助け合い鍛え合う集団づくりに努め、 思いやりと自律の精神を育てる。 

③ 健康の保持増進を図るとともに、 積極的に体力と気力を養う。 

④ 地域に根ざした教育の伝統を継承し、 その創造・ 発展に努める。 

⑤ 現職教育を充実して、 指導力の向上と円満な人格の陶冶に励む。

 

(3) 本年度の重点努力目標

① 確かな学力を身につけさせるよう分かる授業を行う。

・あらゆる学習の基盤となる国語と算数の授業を大切にする。

・共励会テストや標準テストにより基礎学力の定着度をとらえ、指導に生かす。

・英語教育を推進し、国際理解教育を推し進める。

・コンピュータを積極的に活用した学習活動を工夫する。

・ESDを踏まえた教育課程の編成を行うと共にESD教育を推進する。

 

② 豊かな心を育てる心の教育を充実させる。

・あいさつ運動を展開し、明るいあいさつ、元気な返事を学校の内外に響かせる。

・道徳や学級活動の時間を大切にして、心の成長を図る。

・縦割り集団活動を進め、協力し合う子、責任感のある子をめざす。

・岡崎にかかわる人・もの・ことを教材とし、心の醸成を図る。

 

③ 地域に根ざした特色ある学校づくりを進める。

・ふるさとタイムを活用して、地域の豊かな自然・文化・人に学ぶ学習を進める。

・裏山を活用した学習を展開し、環境教育の充実を図り。自然から学ぶ子を育てる。

    

④ 家庭・地域と連携を深め、開かれた学校づくりを進める。

・地域の行事への積極的な参加を促し、 地域との絆を深める。

・保護者と緊密な連絡を取り合い、連携を深める。

・学年・学校の指導方針や計画、日常の様子の広報活動を進める。

 

⑤ 防災・防犯への意識を高め、実際に行動できる態度や能力を身に付けさせる。