11月30日(土)マラソン大会

 力強い走りができました。

 ねばり強い走りができました。

 仲間の声援が大きな励みになりました。

 温かい応援が走りを後押ししてくれました。

 

 PTAとおやじの会の方々がお汁粉を用意してくださいました。

 走り終わった後は、心も体もほっかほかです。

   

  

 

11月29日(金)リース飾り(1年生)

 1年生教室の廊下側には、かわいらしいリース飾りが並びます。

 生活科の授業で育てたアサガオのつるで作ったリースです。

 木の実やモール、リボンを使った飾りは、とても華やかです!

   

 

 

11月28日(木)プログラミングを通して

 海の生き物の動きをイメージして、プログラミングを通して表現します。アイコンの意味や操作を確認しながら、動きを試していきます。動きに変化が加わる度に、キャッキャッと喜ぶ1年生の子どもたちです。

 6年生は、図形の面積をプログラムで測定する学習です。複雑な形の面積も、プログラムを使うとより正確に、簡単に求められることに気付けたようです。

   

 

 

11月27日(水)英語活動(6年生)

 低学年の頃の運動会の様子が映し出されると、懐かしさに思わず歓声が上がります。

 今日は、運動会の思い出について伝え合います。

「enjoyed ~ing(~楽しかったな)」の表現を用いて会話をします。

 ALTのアルバート先生に発音、表現指導をしていただきながら、ペア学習を進めていきます。

 相手の目を見て話す姿、より多くの子と会話しようとする姿が印象的でした。

   

 

 

11月26日(火)試走会

 周辺工事のため、マラソン大会のコースを昨年までと大きく変更しました。今日の試走会は、コースの確認とペース配分を考えるとてもよい機会です。

   友達と競い合う姿、とても頼もしく感じます。

 最後まで頑張って走り切る姿、胸を打たれます。

   

 

 

11月21日(木)就学時健診・入学説明会

 本校の児童数は年々増加傾向にあり、来年度の新入生も150名を超える予定です。ますます活気ある学校になると期待しています。

 健診は8名ほどのグループに分かれて、5年生の子どもたちが引率してくれました。優しく語りかけながら新入児の手を引く姿が印象的でした。

 保護者の皆様には、学校説明に加え、保健師の方をお招きして子どもたちの健康増進に向けた生活習慣のお話を聞いていただきました。

 お子様、ご家族の皆様共々、健康・安全に留意され、全員が元気に入学式を迎えられることを願っております。

   

 

 

11月20日(水)鈴懸の木(スズカケノキ)

 子どもたちに人気の鈴懸の木。

 葉の黄色が映えます。

 落葉が少しずつ進み、たくさんの実が顔をのぞかせています。

 まさに鈴のようです。

   

 

 

11月18日(月)チャレンジマラソン

 チャレンジマラソン開始!

 軽快な音楽をバックに、2時間目と3時間目の間の休み時間を利用して全校でグラウンドを走ります。

 自身の体調や走力を考え、少しずつ自分の走るペースがつかめるとよいと思います。

 試走会、マラソン大会に向け、健康・安全には十分留意しながら体力を高めていきましょう。

   

 

 

11月14日(木)昔の遊び体験会(1年生)

 親善クラブの方々は、昔遊びの名人であり、教え方の名人でもあります。

 今年も多くの方にご来校いただき、竹馬、けん玉、コマ回し、あやとり、おはじき、お手玉を教えていただきました。

 子どもたちは遊びに夢中で、時間があっという間に過ぎてしまったようです。

 遊び道具は、工夫することで身近な物から作り出すこともできます。

 楽しい遊びの中に、新たな発見や学びがあったようです。

   

  

 

11月13日(水)俳句を学ぶ

 5年生96名が岡崎市民俳句会の方々(13名)から俳句を学びました。

 体育館で俳句の定型や季語、音数の数え方等を教えていただいた後、13グループに分かれて校庭の風景や動植物に目を向けながら実際に俳句を作っていきます。

 講師の方々は、優しい言葉かけで子どもたちのやる気と感性を引き出してくださいます。

 会の終わりには、俳句を作る喜びや楽しさについて感想を述べる子どもが数多く見られました。

   

 

 

11月12日(火)学校評議員会

 本日、学校評議員会があり、地域の代表の方々から日頃の子どもたちの生活の様子や活動についてご意見をいただく機会がありました。

 会には5、6年生の代表委員が参加しました。

 「あいさつ運動」や「1分前着席」などの日々の取組を紹介しながら、自分たちの思いや考えを評議員の方々に伝えました。

 評議員の方々からは、あいさつがコミュニケーションに発展していくこと、授業への心構えが自分の成長につながっていくことなどをご助言いただきました。子どもたちにとって大きな励みになったことと思います。

 後半は、通学路等の危険箇所の意見交換がなされました。子どもたちの安全についても、常に気を配ってくださっている地域の方々の思いが伝わってきました。

   

 

11月9日(土)新チームとして

 土曜日に、各部が練習試合に臨む姿がしばしば見られます。

 新チームとして活動する4、5年生、随所に力強いプレーが見られ頼もしく感じます。

 チームの和を大切に、心身ともに成長してほしいと思います。

   

 

 

11月8日(金)蒼 鷺(アオサギ)

 大型の鷺が、「岡小の泉」のふちにじっと留まっています。

 蒼鷺でしょうか。鋭い目で、睡蓮の葉の下から顔を出す、コイやフナを狙っているようです。

 人の気配を感じたのか、瞬く間に飛び去っていきました。

   

 

 

11月6日(水)7日(木)修学旅行から

 快晴の下、充実した2日間を過ごすことができました。

 バスの中でのレクリエーションでは各クラスのまとまりの良さを、見学地では個々のマナーの良さを実感しました。

 様々な場面で周囲への気配り、友達への優しさがうかがえました。

 やっぱり自慢の6年生です!

   

 

 

11月5日(火)食育の授業(5年生)

 栄養教諭の先生をお招きし、食育の授業を行っていただきました。

 はじめに、給食の食材の産地を調べる活動です。グループになり、それぞれの食材の産地を日本地図の中にポイントシールで記していきます。

 子どもたちの多くは、愛知県産の食材が多いのに驚いたようです。

 その理由として、「輸送費が安くて済む」「近くで作られているから信頼できる」「新鮮なものを食べることができる」「農家が発展する」など多くの意見が出されました。

 給食では積極的に岡崎産の食材が使われていることや、各地で地産地消の取組が進んできていることなども教えていただきました。

   

 

 

11月1日(金)おおまつ学習(5年生)

 5年生がおおまつ学習(総合的な学習の時間)で取り上げている「福祉」の一環として、地域包括支援センターの社会福祉士の方をお招きし、「認知症」について学習しました。

 子どもたちからは、認知症の方に対する言葉かけや手助けの必要性など、優しさを感じる意見が数多く出されました。

 年をとれば誰もが不安に思う「認知症」ですが、どうすればみんなが安心して暮らしていけるのか、自分なりに考えることができたことでしょう。

 おどろかせない いそがせない きずつけない

 この三つの「ない」が、認知症の方に接するうえでとても大切だと教えていただきました。

 これは、私たちの日常生活においても共通する大切な考えだと思います。