9月30日(月)球技大会に向けて

 今週のキッズデイズに行われる球技大会に向け、どの部も集中して練習に取り組んでいます。

 練習試合などを通して、本番をイメージして動きを確認する場面がしばしば見られました。

 土曜日のバレー部練習には、中学生の子どもたちが一緒に汗を流し、士気を高めてくれました。

 「チーム岡小!」を合言葉に、みんな頑張っています。

   

  

 

9月27日(金)緑の木々の中に

 きれいな花!

 3年生の子どもたちが指さしているのはムクゲの花。緑の木々の中、薄紫色の花が目立ちます。

 左の方に目を向けると、ピンク色のサルスベリの花が咲いています。

    

 

 

9月26日(木)体育科の授業から

 1年生は「ボール遊び」。相手チームが守る【箱で作ったタワー】を倒すために、ボール回しや的をねらうタイミングを考えます。互いにワクワクドキドキです。

 5年生は「バスケットボール」。フリーでシュートを打つために、どう動いたらよいかを考えています。タブレットPCの映像やゲーム記録を参考にしながらチームで話し合いを進めています。

 6年生は「体つくり運動」です。巧みな動きや力強い動きができるよう、子どもたち自らが用具を工夫し場づくりをしたようです。さすが6年生です。

   

 

 

9月25日(水)おおまつ学習(5年生)

 5年生はおおまつ学習(総合的な学習の時間)のテーマを「広げよう やさしさの輪」とし、「福祉」を取り上げ、高齢者の方々との交流を行っています。

 今回は、講師として高齢者体験サポータークラブの方々をお招きし、特殊ゴーグルやマルチサポーターなどの高齢者疑似体験用具(岡崎市社会福祉協議会より借用)を装着して、校舎内を歩行したり、箸を使って豆をつかむ活動をしたりしました。

 高齢者の方々の気持ちに寄り添うと同時に、安全面における介助者の役割についても学ぶことができました。

   

 

 

9月20日(金)真心に感謝

 早朝から親善クラブの方々が校内の草取りに来てくださいました。毎年、学芸会が近くなるこの時期に行ってくださいます。

 今回は、会場となる体育館周りを中心に作業をしてくださいました。

 こうした真心を肌で感じつつ、子どもたちも日々の学習に真剣に取り組んでくれることと思います。ありがとうございます。

   

  

 

9月18日(水)球技大会激励会

 市球技大会が2週間後に迫りました。今年から10月初めのキッズデイズに行われます。

 激励会では、応援団や下級生の力強いエールが大会に参加する子どもたちの心に響いたことと思います。

 子どもたちには、二つのことを伝えました。

 一つは、支えてくれる人への感謝の気持ちをもって、「チーム岡小」として精一杯プレーに、応援に励んでほしいということ。

 もう一つは、試合に出られなくても、ユニフォームが着られなくても、一生懸命に頑張る姿は格好よく、これまでの自分を誇りに思ってほしいということ。そして、試合に出場する人は、控えの子たちのため、応援してくれる家族や先生、下級生のため、そんな思いでプレーしてほしいということです。

 子どもたちにとって、思い出に残る充実した大会になることを願っています。

   

 

 

9月17日(火)観劇会

 今日は楽しみにしていた観劇会。俳優館の皆さんによるミュージカル『あらしのよるに』の上演です。

 演者の方々の豊かな表情、ユーモラスな言動、音楽に合わせたリズミカルな動き、そして幻想的な舞台に、ついつい引き込まれ、会場が沸きます。

 心温まる素敵な内容でした。子どもたちも、たくさんの感動を得られたことでしょう。

  上演後、6年生の代表児童がお礼の言葉を述べました。

 「力強い演技、音楽に合わせたダンス、周りの人たちの動きがとても参考になりました。・・・学芸会でのわたしたちの演技に生かしていきたいと思います。」

  

 

 

9月13日(金)算数科(4年生)の授業から

 並べられたおはじきの数を求める問題です。線や色、囲み枠をつかい、まとまりを考えながら求めています。

 ペアやグループでの意見交換が、自分の考えを整理したり、新たな解法を見つけたりするのにとても参考になっているようです。

 全体発表の場では、教材提示機を通して、自分の考えをていねいに説明する姿が印象的でした。

  

 

 

9月11日(水)生活科の授業から

 1年生は、岡小の森で見つけたバッタやキリギリス、コオロギのすみかを作って世話をしています。

 今日は、自分が飼っている虫の様子を紹介し合う授業です。後ろあしが長いことや前あしにトゲがついていること、おしりに長い針のようなものがついていることなど、気付きや発見がいっぱいです。

   

 2年生は、より速く走る「帆かけ車」の工夫です。なんと「帆かけ車研究所」を開設したようです。帆の材料や大きさ・形、数やつけ方など様々な点にこだわりながら、何度も走行実験している姿が印象的でした。

   

 

 

9月10日(火)授業参観・学校保健委員会・夏休み作品展

 1年生は、アサガオのつるを使ったリース作りです。

 お家の方にお手伝いいただき、きれいな仕上がりにみんな満足気です。

 

 生活習慣を見直すことをテーマとした学校保健委員会。保健委員の子どもたちがアンケート結果について発表しました。保護者の方々にもご参加いただき、よい緊張感をもって活動することができたようです。

 

 終日、多くの保護者の皆様に授業の様子や作品を見ていただき、子どもたちの大きな励みになりました。ありがとうございました。

  

   

 

9月9日(月)元気注入!

 代表委員の子たちが校門に立ち、「あいさつ運動」に取り組んでくれています。

 台風の影響もあり朝から厳しい暑さとなりましたが、元気を注入してくれています。

 あいさつは心の栄養ですね。

   

   

 

9月7日(土)学区敬老会

 合唱部の子どもたちが敬老会会員の方々を出迎えます。

 1年生が作ったメダルをかけて差し上げると、笑顔で「ありがとうね。」と優しく言葉をかえしてくださいます。

 

 アトラクションの部では、合唱部の子どもたちがこの日のために練習を重ねてきた歌を披露しました。一緒の口ずさんでくださったり、手拍子を打ってくださったり、本当に温かい雰囲気の中でのステージになりました。

 会員の皆様おかれましては、登下校の見守りや学校内の草刈り、昔遊び体験等、様々な面で大変お世話になっています。子どもたちの感謝の思いが少しでも伝われば幸いに存じます。

   

 

  

9月4日(水)岡小っ子に福を!

 キャンドルのような観賞用トウガラシの間から、福をもたらす神様たちが顔をのぞかせています。

 掃除当番の子どもたちからも可愛いと評判です。

 

 岡小っ子たちに、たくさんの福をもたらせてください!

   

   

 

 9月2日(月)避難訓練

 地震予知情報を受けての訓練です。

 震度5 ピーピーピーの音声が流れると、全員が緊張した面持ちで机の下にもぐり、両手でしっかりと脚を持ち、頭や体を保護していました。

 今回は、運動場が液状化の恐れがあると想定して、避難場所を学校の駐車場としました。前回とは避難経路が異なりましたが、先生の指示通り「さない・しらない・ゃべらない・どらない」(お・は・し・も)の約束がしっかり守れていました。

 「自分の命(身)は自分で守る」という心構えを常にもってほしいと思います。

   

  

 

8月28日(水)2学期のスタート

 キッズデイズ(10月2日~4日)の導入により、これまでより早く2学期がスタートしました。子どもたちの笑顔は最高です!

 2学期は、それぞれの学年で必要な学習や運動にじっくり取り組むことができます。しっかりと学力を身に付けてほしいと思います。

 10月のキッズデイズには市の球技大会が予定されています。応援してくれる仲間や下級生、家族や先生方の思いをしっかり受け止めて、思い出に残るよい大会にしてほしいと思います。

 たくさんの行事も予定されています。友達と協力することの大切さ、物事を作り上げていく楽しさや、やり切ることの喜び、さらには、家族や地域の方々との結びつきなど、多くのことを感じ取り、経験してほしいと思います。 

※本日は早朝から4~6年生の多くの保護者の方々に奉仕作業を行っていただきました。窓拭きや手洗い場磨き、廊下や階段の掃き掃除等、手際よく作業を進めてくださいました。これで、子どもたちも気持ち良く学習に取り組めます。

 ご多用の中、ありがとうございました。