11月30日(木)見守っていただいています

今日は3Cパトロール隊の皆様による一斉活動日。子どもたちの下校時には、多くの地域の方々が通学路に足を運び安全指導を行ってくださいます。学区の総代・親善クラブの方々を中心に170名ほどの方がパトロール隊として登録し、日々子どもたちの登下校を見守ってくださっています。

3CはChildren(子どもたち)Call(呼びかけ)Circle(防犯の輪)の頭文字です。子どもたちの安全に関わる温かいご支援に深く感謝申し上げます。

   

 

 

 

 

11月29日(水)チームで

岡小の泉のある中庭は、毎日落ち葉でいっぱいになります。

掃除の時間には、2年生と6年生がチームを組んで落ち葉を回収します。

6年生が竹箒や熊手を使って集めた落ち葉を、2年生がレジ袋に手際よく詰め込んでいきます。

   

 

 

 

 

11月28日(火)試走会

2年生女子のスタート。直後に足が絡まったのでしょうか。数人が転んでしまいました。それでも誰一人涙することなく、すぐに起き上がり走っていきました。とても頼もしい光景でした。

それぞれのレースには、周囲からたくさんの声援が送られます。とりわけ、レースの終盤には一際大きな声援が送られます。

最後まで頑張って走り切る姿には、いつも胸を打たれます。

   

 

 

 

 

11月27日(月)鈴懸の木(スズカケノキ

実はまさに楽器の鈴のよう。

子どもたちもよく知っている鈴懸の木。紅葉葉楓(モミジバフウ)の赤やオレンジに対して、葉っぱの黄色が映えます。

落葉が少しずつ進み、たくさんの実(鈴)が顔をのぞかせています。

   

 

 

  

 

11月24日(金) チャレンジマラソン

寒さに負けず、子どもたちも教員も走っています。

チャレンジマラソン開始から今日で1週間。少しずつ自分の走るペースがつかめてきたようです。

学年ごと作成されたカードに、走った距離や周数を記録していきます。この記録の累積が子どもたちのモチベーションを高めているようです。

来週には試走会があります。体調管理には十分留意し、頑張って取り組んでほしいと思います。

 

 

 

 

 

11月22日(水) 道徳の授業(3年生)の一コマ

友達を手助けすべきか、家族との約束を守るべきかを迷う主人公の心の葛藤をふまえた話し合いです。

主人公の心情に同化しながら活発に意見を述べたり、自分の考えをノートにしっかり書いたりする子どもたちの姿にとても感心しました。

こうした意見交換が、自分の考えを深めたり、他者の考えを認めたりすることにつながっていくのだと思います。

   

 

 

 

 

11月21日(火)紅葉葉楓(モミジバフウ)

プールの横に立つ2本の紅葉葉楓は、子どもたち、そして職員の人気者です。

人気の秘密は、木全体の形が「木らしい?」ところ、そして紅葉が進むにつれて緑からオレンジ、赤、紫と葉の色が変化していくところだそうです。

ちなみに、紅葉の陰で姿を見せているユニークな実も必見です。

   

 

 

 

 

11月20日(月) 理科の授業(4年生)の一コマ

水の温度と体積の変化について調べる実験です。

試験管、試験管ばさみ、ビーカー、漏斗等の実験器具が目の前に置かれると、すぐにでも手に取って実験を始めたいという子どもたちのわくわく感が伝わってきます。

安全には十分留意しながら実験・観察を進め、新しい発見をたくさんしてくださいね。

   

 

 

 

 

11月16日(木)まずは自分から

先日、学校評議員会があり、地域の代表の方々から日頃の子どもたちの生活の様子や活動についてご意見をいただく機会がありました。

評議委員会には5、6年生の代表委員が参加し、はじめに子どもたちから「あいさつができる明るい学区」「交通事故のない安全な学区」「緑豊かな学区」にしたいという願いが伝えられ、その後、評議員の方々からご助言をいただきました。 

   

 最近の登下校の様子を見ていると、代表委員の子どもたちのあいさつ、安全への配慮(班員への言葉かけ)が光ります。しっかり意識している様子です。学級、学年、全校、学区に少しずつ広げられるとよいですね。

 

 

 

 

11月15日(水)昔の遊び体験会

「校長先生!見て!見て!」

そう言ってコマを上手に回します。親善クラブの方々は、昔遊びの名人であり、教え方の名人でもあります。

今年も大勢の方にご来校いただき、竹馬、けん玉、お手玉、あやとり、おはじき、コマ回しを1年生に教えていただきました。

子どもたちは大はしゃぎ。2時間が、あっという間に過ぎてしまったようです。

  

 

 

 

 

11月14日(火)岡小にこにこ集会

前半は図書委員会が企画した発表です。代表児童による読書郵便はがきの内容紹介やスクリーンを利用した図書委員による読み聞かせが行われました。会場全体が優しさに包まれました。

後半は、学年による音楽発表です。心地よい音色や歌声が秋を感じさせてくれました。

   

 

 

 

 

11月13日(月)ハナハナむしむしアートピア

「ようやくぼくらの出番だ!」

「今こそ、わたしたちが花を咲かせるとき!」

それぞれの作品からそんな声が聞こえてきます。台風の影響により、3週間の延期となった「おかざきっ子展」が11日(土)、12日(日)におかざき世界子ども美術博物館広場で開催されました。

作品の搬入・搬出、展示においては、早朝より多くの保護者の方々にご協力いただきました。ご多用の中、ありがとうございました。

   

 

 

 

 

11月10日(金)PTAあいさつ運動

今朝はPTAの方々が「あいさつ運動」を展開してくださいました。

なんと、愛知県警察のシンボルマスコット「コノハけいぶ」も駆けつけてくださいました。

子どもたちの笑顔が弾ける清々しい朝になりました。

   

 

 

 

 

11月8日(水)9日(木)修学旅行から

集合、出発時には生憎の天気でしたが、正午過ぎには雨も上がりすべて計画通りに活動することができました。

バスの中でのレクリエーションでは各クラスのまとまりの良さを、見学地では個々のマナーの良さを実感しました。様々な場面で爽やかに振る舞う子どもたちの態度を見ていると、ついつい嬉しくなります。

やっぱり自慢の6年生です。

 

 

 

 

 

11月7日(火)身近な自然

「あっ!キジだ!」

1年生の教室から大きな声が聞こえます。

掃除開始の音楽に合わせて、2羽のキジが悠々とグランドを横切っていきます。

1羽が急に方向転換をしたかと思うと、岡小の森の方へ駆けていきます。それを追うようにもう1羽も岡小の森へ向かっていきました。

縄張り争いでしょうか。両者威嚇し合っている様子でしたが、人の気配を感じ取るとあっという間に飛び去っていきました。

自然を身近に感じたひとときでした。

   

 

  

 

11月6日(月)工場見学

今日から3日間、5年生の各クラスがアイシンAW岡崎東工場の見学に出かけます。自動車の大切な部品の一つ、オートマチックトランスミッション(AT)の生産量で世界一を誇る会社ということで子どもたちも興味津々です。

レセプションホールでATの仕組みを映像を交えて説明していただいた後、体験エリアで歯車(ギヤ)模型を使ってATの仕組みを実際に体験させていただきました。工場棟では、ロボットによる加工や人による組み立て作業など製造過程を見学させていただきました。

見学後の子どもたちの様子(質疑応答)からは、安全に確実に製品を組み立てるための工夫や人や環境への配慮(優しさ)が感じ取れたようです。

 

 

 

  

11月4日(土)震災時宿泊体験

おやじの会主催による震災時宿泊体験が本校にて行われました。岡小っ子もたくさん参加させていただきました。

災害時における備えや行動についての講演、消火訓練や仮設トイレづくり、心肺蘇生法など、消防団員やPTA、子ども会やすみれの会の皆様にもご協力いただきながら貴重な体験をすることができました。

いざという時、こうした経験が「命を守る」行動につながるのだと思います。

 ご多用の中、準備、ご指導いただいたおやじの会の皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

 

11月3日(祝)サッカー交歓会

4、5年生のサッカー部員が参加する交歓試合(市内の小学校を4グループに分けて)が開催されました。本校は、上地小、六名小、六ツ美西部小、矢作北小と同グループで総当たりのリーグ戦を行いました。

各種大会で毎年上位に勝ち上がる強豪校が集まったグループということで、4試合とも1点を争う好ゲームとなりました。

先制をされても諦めない強い姿勢を、プレーや仲間の声援から感じました。

結果は3勝1敗、得失点差により見事グループ優勝を勝ち取りました。大きな自信につながったことと思います。おめでとう!

   

 

  

 

11月2日(木)俳句を学ぶ

5年生103名が岡崎市民俳句会の方々(12名)から俳句を学びました。

体育館で俳句の定型や季語、音数の数え方等を教えていただいた後12グループに分かれて校庭を巡りながら実際に俳句を作っていきます。

講師の先生方のご指導は流石です。風景や動植物に目を向けながら、子どもたちの感性を存分に引き出してくださいます。

一句できると自慢げに先生方に報告にいく子どもたちの姿が印象的でした。

 

 

 

 

11月1日(水)いちょう読書週間

10月31日から11月10日は「いちょう読書週間」です。

本に親しみ、読書の楽しさを味わうことをねらいとしています。同時に低学年の子どもたちには、この機会に図書室の正しい利用の仕方をしっかり身に付けてほしいと願っています。

学年に応じて、読む本の冊数やページ数を目標に掲げ、各クラス積極的に取組を進めています。

6月の「あじさい読書週間」同様、この活動に一役買ってくださっているのが、わが校自慢の読み聞かせボランティア「おはたまおはなしたまてばこ)」さんです。お昼の休み時間を利用して特別教室(図書室・理科室・図工室)で読み聞かせを行ってくださっています。

 3教室とも満員御礼です!