(1) 本校の教育目標

  校訓「全力をつくせ」の下、知・徳・体の調和をとり、たくましく生きる子供の育成をめざす。

自ら学ぶ子・・・問題意識をもって自ら学び、ねばり強く追究する子供

心豊かな子・・・命と心を大切にし、思いやりのある豊かな心をもった子供

体鍛える子・・・体を丈夫にし、自らを鍛えていく子供


(2) 経営方針

 本校の教育活動は、子供一人一人に内在する力を引き出し、それを伸ばすために行う。様々な人や自然風土や地域社会とのかかわりの中で、子供の命の輝きが育まれる学校創りをする。また、持続可能な社会の担い手としての資質向上をめざす。

ア 子供が輝く学校

 子供の良さと可能性を見つけ、認め、育み、鍛え、その力を最大限に引き出す教育動を創意工夫して展開する。

 

イ 職員が輝く学校

 教育者としての使命感をもち、子供をとらえ、一人一人を生かし、命と心を大切にした指導のできる力量に富んだ職員を育てる。

 

ウ 学区を輝かせる学校

  情報公開、家庭地域との連携、学校評価を積極的に進める中で、子供の活動を通して、家庭や地域との絆を深め、信頼される学校をめざす。

 

(3) 本年度の重点努力目標

ア 基礎基本の習得と「確かな学力」の育成を図る。(知)

 ・基本的学習習慣の定着

 ・鉛筆の正しい持ち方指導

 ・少人数指導の充実 

 

イ 「学ぼうとする力」と「学ぶ力」と「学んだ力」を伸ばす。(知)

 ・言語活動の充実  

 ・子供の意識に即した授業  

 ・体験活動の充実  

 ・授業改善の推進

 

ウ ESDとして岡崎の教育の三本柱の実践を進める。(知)(徳)

 ・英語活動の充実  

 ・環境プログラムの実践  

 ・岡崎の心の醸成  

 ・多様な交流活動

 

エ 特別支援教育を充実し、個に応じた指導を進める。(知)

 ・経度発達障害児の把握と指導記録の累積 

 ・普通学級での個に応じた指導方法の開発

 

オ 担任の読み聞かせによる「ふれあい読書」を中心に、読書活動の実践の深化充実を図る。(徳)

 ・「ふれあい読書」の継続実践と積み上げ 

 ・読書研究授業による指導法の改善と開発

 ・優れた児童図書の発掘

 ・冊子「読書の森―とっておきの一冊」の改訂 

 ・読書環境の充実

 

カ 基本的な生活習慣の定着を図る(徳)

 ・規律ある集団行動

 ・時間遵守

 ・心のこもった挨拶と返事  

 

キ 「命の大切さ」と「他を思いやる心」を育む道徳教育を推進する。(徳)

 ・年35時間以上の道徳授業の実施

 ・勤労、環境美化、福祉交流等の体験活動の実施 

 ・「命の教育」の積極的な展開 

 ・いじめの早期発見と撲滅 

 

ク 欠席者の減少と不登校児童0の実現をめざす。(徳)

 ・子供に関する情報交換

 ・準不登校者への働きかけ

 ・家庭、専門機関との連携強化

 ・チームとしての対応(ケース会議)

 ・スクールカウンセラーの活用と連携

       

ケ 子供の体力増強を図る。(体)

 ・体育授業の充実

 ・外遊び時間の確保

 ・部活動の奨励

 ・体育的活動の充実と強化 

 

コ 地震や火災、変質者や不審者、悪質な情報から子供を守る安全対策を強化する。(他)

 ・ホイッスルの常備 

 ・安全パトロール活動 

 ・防災、防犯マニュアルの改訂

 ・情報モラル教育

   

サ 教育活動に対する学校内外からの評価を生かす。(他)

 ・学力検査結果の活用 

 ・教育活動診断票結果の活用 

 ・教職員評価制度の活用

 

(4) 目指す教師像

 ・自分自身の誇りにかけて仕事をする。

 ・日常の小さなことにこそやるべきことがあると自覚する。

 ・少しのことでは慰めない・褒めないよう、教師同士切磋琢磨する。