夢山の二日目です。朝食は飯盒炊飯で、ご飯と味噌汁です。美味しくて、日頃はパン食の子どもたちも、和食の美味しさに舌鼓です。真剣に学習タイムが終わった後は、メインの鮎のつかみどりです。31匹の鮎が沢に放され、子どもたちは岩に隠れた鮎に悪戦苦闘をしました。それでも、声をかけ協力して、20分程で全部をつかみきり、塩焼きや鮎ごはんにしておいしくいただきました。楽しかった二日間もあっという間に終わり、夏休みの思い出の1ページになりました。この会を全面的にバックアップしてくださる宇野さん、お手伝いをしてくださった保護者の方々、卒業生の子たち、ありがとうございました。また、来年を楽しみに。