「発達障害について」の福祉実践教室があり、テレビを見ながらの分かりやすい話や、実際に軍手をはめて折り紙を折ってみて、頑張ってと言われてもできない体験や、最後には歌を歌ってもらい、発達障害について少し理解した子どもたちでした。また、縄跳びは先生の「最後は気持ち、集中力だよ。」の叱咤激励を受け、心を一つにし大台の170回を突破し176回まで行きました。子どもたちの真剣な顔、顔、顔です。