音楽の授業をwithコロナで行いました。

 窓はもちろん全開です。児童の座席はソーシャルディスタンスに気をつけ、間の距離を1メートルほどとっています。距離をとるために机は使用せず、床に座ります。

 そしてリコーダーはマスクをしたまま演奏します。

 またピアノを使用する際には教室の前で行い、鉄琴・木琴を使用する際には教室の後ろで行いました。児童はその場で、体の向きを前・後ろに変えるだけです。こうすることで、児童の移動を極力無くして、授業を行っています。

 withコロナを意識して、新しいやり方を模索しながら授業を行っています。