運動会の練習もいよいよ大詰め。今日は、下見の会で、各学年がこれまでの練習の成果を披露しました。演技に取り組む真剣なまなざしからは、本番での最高の演技を目指して、さらに伸びようとする心が感じられました。

 中庭では、初夏の風物詩、5年生の田植えが行われました。「田んぼの先生」である学区の蜂屋さんのご指導の下、苗を丁寧に植えました。足を踏み入れた泥の感触に驚きと心地よさを感じながら、米作りを通して食の大切さを実感する学習の第一歩を踏み出しました。中庭を駆け抜ける爽やかな風にそよぐ早苗が育ち、秋風に揺れる稲穂をつけるころ、六名っ子たちは、学校生活の豊かな実りの中にいることでしょう。