寒の戻りもあり,ゆっくりと満開に向かう桜の木に囲まれた六名小学校の朝,颯爽とした足取りでやってくる六名っ子の姿がありました。入学式の準備のために,他の学年よりも1日早く登校した新6年生です。最高学年としての自覚を胸に,式場づくり,新1年生の教室の準備,清掃活動,そして,新1年生と手をつないで入場する練習など,それぞれの活動に精一杯取り組みました。友達と相談しながら自ら動く新6年生は,最高学年として六名小学校をよりよくしていこう,という気持ちにあふれていました。六名小学校の新しい時代をつくる新6年生の瞳の輝きに,期待が高まります。いよいよ新学期のスタートです。ますますがんばれ六名っ子!