特別支援学級の社会見学で、八丁味噌の「カクキュー」に行ってきました。特別支援学級では、3月に味噌作りに挑戦しています。樽の中で何が起きているのか、工場では、どんな味噌の作り方をしているかを調べてきました。昔からの道具を大切に使っていることや、石積み職人の方が「おいしくなあれ」と願いながら、1つ1つの石を丁寧に積んでいることが分かりました。自分たちのみそもおいしくなっているといいなと話しながら帰ってきました。